WEBの世界でも契約は意思と意思の合致によって成立する

私達が日々生活する上で、守らなければならない約束があります。

わかりやすい例で言えば、品物を購入すると店に代金を支払うという約束が発生しますが、この約束を契約といいます。

ビジネス契約には、法律上の権利や義務が発生します。このため、契約が履行されなかった場合、相手を訴えるなどして、その約束を強制的に行使することができます。

契約は、申込と承諾という意思の合致によって成立します。たとえば、デパートで商品を買う場合、デパートの「スカートの陳列」という行為は、申込そのものではなく、「このスカートを売ってください」という申込を誘うことを目的とする申込の誘引という行為です。

スカートを買う場合、レジで店員に「これをください」と言います。これが契約における申込です。これに対して、店員が「かしこまりました」と言うことで、意思の合致がなされます。

大切なことは、意思が合致した時点で契約が成立するのであって、スカートの代金を払った時点、または店員が代金を受け取った時点で契約が成立するわけではないということです。

ビジネス契約というと何か契約書を正式に交わさなければならない難しいものと考えがちですが、書面で契約することが必要とされている契約を除いて目頭でも契約は立派に成立します。

メルマガアフィリエイト【GrowRichプログラム】

WEBの世界でも同じことです。ブログやメルマガなどのアフィリエイトでも同じことなのです。